高崎市民測定所 クラシル
201202<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201204
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日は藤村先生 講演会です。
お知らせです。

明日4/1(日)14:00~非電化工房代表の藤村靖之先生の講演会です。

那須塩原での放射能との付き合いの中で蓄積されているさまざまなお話をしていただきます。

日々の暮らしの中で疑問や不安を持っていることや、農にかかわるお話まで多岐にわたってお話いただけると思いますので、多くの皆様にご来場いただき、良い交流の場になればと思います。その場で高崎市民測定所の入会も可能です。会員になる前に聞きたいことがあればお答えできます。

どうぞ皆様のご来場をお待ちしております。

スポンサーサイト
測定器の精度
現在、測定所は開所に向けてさまざまな作業を進めています。

その中のひとつは測定機器の精度の確認。 もちろんメーカの装置のスペックはあるのですが、装置間のばらつきであったり、測定環境であったり、試料のハンドリングであったり、繰り返しの測定精度であったり、開所前に確認しておきたいことはいろいろとあります。
測定自体は、精度を無視すれば機械の指示通りに作業すれば何らかの結果は出てきます。でも、その結果どの程度確かなのか把握していないと、逆に測定にこられる皆様に混乱を与えかねないと思っています。

30分で10Bq/kgがクラシルが目標とする精度ですが、繰り返しの測定精度を含めてまだまだです。思ったよりも手ごわいな、というのが現在の心境。ゲルマニウムで測った試料でのクロスチェックをもう少しし増やしたいです。 

4月1日(日)藤村 靖之先生 講演会を開催いたします。
非電化工房代表の藤村靖之先生の講演を行います。どうぞご参加ください。
4月1日(日)午後2時より 
藤村靖之先生講演会

9. アクセス
map.jpg
7. 測定器について
測定器について

ベラルーシ Atomtex社製
NaIシンチレーションスペクトロメーター
AT1320A
5. 開設場所・問い合わせ先
開設場所・問い合わせ先

NPO法人アグレコ
理事長 竹渕 進

高崎市北原町25-2
℡:027-333-4075(アグリィ 内)
e-mail:takasakicms@gmail.com

メールは確認が遅れる場合がありますので、
お電話にてご予約いただくのが確実です。
高崎に市民測定所クラシルを開設いたします。
群馬県高崎市に市民測定所クラシルを2012年4月(来月です!)開設いたします。

測定器も到着し、現在開所までの準備中です。開所の詳しい日程は追ってお知らせさせて頂きます。



放射線という未知のもの。

不安や戸惑いはありませんか?

大事な判断は他人任せにしたくありません。

でも、それは「一人で決める」ということではないと思います。

まずは測って、あなたの身の回り状況を調べてみませんか?

高崎市民測定所では測定結果をみんなで考えて行きたい思っています。

ご支援、ご協力、活動への参加をよろしくお願いいたします。
4. 会員募集
本測定所の会員を募集中です。

1) 会員        年会費¥3,000(ぐーちょきパスポートをお持ちいただいた方および10名以上の団体は一人¥2,000)
2) 賛助会員    年会費¥5,000~ 
(寄付をして頂いた方を賛助会員として、会報をお送り致します。ご希望に応じて会報やブログ等作成の場合、お名前の掲載なども行います。活動に賛同してくださる方のご支援をお待ちしています。

☆会員(賛助会員を含む)は測定費用やクラシル主催の勉強会・講演会参加費等の割引を致します。
☆会員と賛助会員には会報をお送りいたします。

[年会費について]
初年度年会費は機械導入費用・運営費に利用します。機械の維持費・運営費等は翌年度以降の年会費で賄います。尚、初めての試みですので、翌年以降の年会費については実費を計算して決定いたします。

[振込先]
高崎市民測定所(高崎市北原町25-3)までお越しいただいて直接お支払い頂くか、書面申し込み書をFaxあるいは問い合わせ先のメールアドレスにメール(takasakicms@gmail.com)したのち、以下にお振込みください。
ゆうちょ銀行 00160-2-694890 高崎市民測定所
3. 利用料金
[放射能濃度測定の料金]

1検体 ¥1,800
検出時間 30分
検出限界値 10ベクレル/kg

非会員の方は一検体¥2,500にてご利用いただけます。
2.測定依頼の手順
準備中です。正式に決まり次第お知らせいたします。
1. 高崎市民測定所クラシルの目指す姿
高崎市民測定所クラシルが目指す姿は、生産者や消費者という分け隔てなく、放射能に対して向き合っていこうというものです。たとえば、農産物から放射性物質が測定されれば不安があるだろうと思います。そんなとき、生産者・消費者・専門家などそれぞれの立場でこの地で楽しく暮らして行くための知恵や力を出し合って生きたいと思います。測定結果についても、それぞれが自分で判断できるよう、さまざまな取り組みをして行きたいと思います。 

1) 高崎市民測定所クラシルは身の回りの食品などの放射性物質を測り、測定結果を依頼者に通知します。
2) クラシルは、まず測ることから始めますが、計る事のみが目的ではなく測定結果をみんなで一緒に考え、この地で暮らしてゆくためのヒントを見つけてゆきたいと考えます。
そのために、勉強会や専門家を招いての講演会活動をしてゆきます。
3) 測定結果は、依頼者の許可を得て個人名や地域詳細を伏せた上で、勉強会や会報などで公表します。測定結果はその地域を代表するものとして扱うのではなく、そのデータから何が学び取れ、どのような対処をとり得るのかを検討するために使います。
4) クラシルは上記のような活動を通じて、測定所と会員がみんなで考え、自分で判断してゆける場を作って行きたいと考えます。私たちはその先に未来が開けてくるのだと思っています。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。