高崎市民測定所 クラシル
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
測定器の精度
現在、測定所は開所に向けてさまざまな作業を進めています。

その中のひとつは測定機器の精度の確認。 もちろんメーカの装置のスペックはあるのですが、装置間のばらつきであったり、測定環境であったり、試料のハンドリングであったり、繰り返しの測定精度であったり、開所前に確認しておきたいことはいろいろとあります。
測定自体は、精度を無視すれば機械の指示通りに作業すれば何らかの結果は出てきます。でも、その結果どの程度確かなのか把握していないと、逆に測定にこられる皆様に混乱を与えかねないと思っています。

30分で10Bq/kgがクラシルが目標とする精度ですが、繰り返しの測定精度を含めてまだまだです。思ったよりも手ごわいな、というのが現在の心境。ゲルマニウムで測った試料でのクロスチェックをもう少しし増やしたいです。 

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。