高崎市民測定所 クラシル
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月の営業予定
12月2日(日)臨時でオープンしています。
15日は講演会開催のため午前中のみの営業です。
21日、22日は臨時休業します。
12月30日~1月6日までお休みです。

その他は通常通り、
月・水・金・土の営業です。


年内は29日までの営業です。
(28日までに予約がなければ29日はお休みします)


それでは忙しい年の瀬ですが、
よろしくお願いします。
野中昌法さん講演会を開催します。
放射能に克つ農の営み
~福島の現場からわかってきた放射能汚染の実態とその対策~
と、題して、新潟大学 野中昌法教授をお迎えして、講演会を開催します。
【日時】12月15日(土)16:00~18:30 【場所】 高崎市倉渕公民館 【資料代】300円  
質疑応答の時間もたっぷりとってあります。
今や学ぶことが風評被害に立ち向かう最も有効な方法です。是非ご参加ください。

チラシ20121113

以下のリンクを選択するとGoogleドライブのページが表示されます。ファイルメニューから"ダウンロード"を選んでください。
チラシ(カラー)ダウンロード(PDF)
チラシ(モノクロ)ダウンロード(PDF)

クラシル vol.3
会報 3号1


利用者さんからの声
高崎市 K様  
原発事故後、子どもを危険に晒してしまうようなことが身の回りにあるのではと、息子に授乳しながらも携帯片手にネットで放射能関連の情報を求めた時期があった。
庭と畦道の間の溝に転がり落ちてはしゃいだり、さつきの下にもぐってボールを追いかける息子。
以前のように子どもが庭で伸び伸びと遊ぶ姿を微笑ましく眺める事が出来なくなっていた。
そんな不安がそのまま食卓にも持ち込まれた。
初めてクラシルで測定を依頼したのは、露地栽培の苺だった。
子どもが大好きなのでジャムに、と思いつつも不安になったので測定をお願いした。
美味しさって味だけじゃない。
結果はイメージしていた○×ではなく、グラフや数値だらけ。測定結果は検出限界値以下。
それ以下のものはあるかどうかは分からないというものだった。
何でも白か黒か考えがちな私は、何だか煮え切らない気持ちでいっぱいだったし、
微量ならOKとしてしまえば、放射能や原発そのものさえOKとしてしまうようで悔しい気持ちにもなった。
それから仕事で使う(陶芸の釉薬の原料となる)灰など、食べ物以外も測定してもらい、何度か測定所に行く中で、お米や野菜を作っている農家さんが、自分の作った野菜を測定し、
不検出だったにも関わらず、ホットスポットということでお客さんが激減した話を聞いた。自分が情報を白か黒かで選んで、食べ物を白か黒かで選ぶことがひどく自己中心的なように思えてきた。
世の中をガラッと変えることは出来ないけど、日々の消費の仕方は変えることができる。
今年はお米や野菜を作った。
自分で作ったものに対しては、たとえ数値が出てもなかなか白か黒かにはなれない。
農家さんは、以前からずっとそうやって数字と向き合って来たかと初めて気付いた。
農家さんが中心になって立ち上げたクラシルは、農家さんの実体験を元に、
セシウムを移行しないよう栽培するにはどうしたら良いかなど、
事務的な測定だけでなく、作った立場にもなってくれる。
今年作った小豆には高い汚染があった。原発事故後、土起こししていない畦道だったことや、
小豆は移行係数が高い等の原因が予想される。
放射能は確実に降った。
衣食住を見直したい。日々の生活を変えていきたい。文明の進化でなくて、本物の価値を大切にしたい。絶望が、心からそう思えるきっかけにもなった。
今でも、何で一主婦がセシウム137だけなのはチェルノブイリ由来のもので…とか、
セシウムはビスマスと誤検出しやすくて…なんて理解しなくちゃいけないの、
とやるせない気持ちにもなったりする。
だけど、日々の家族との大切な食事の時間に、みんなで美味しく食べる為にも「暮らしを知る」ことを続けたいと思う。
講演会開催のお知らせ
放射能に克つ農の営み~福島の現場からわかってきた放射能汚染の実態とその対策~
と、題して、新潟大学 野中昌法教授をお迎えして、講演会を開催します。
【日時】12月15日(土)16:00~18:30 【場所】 高崎市倉渕公民館 【資料代】300円  
質疑応答の時間もたっぷりとってあります。今や学ぶことが風評被害に立ち向かう最も有効な方法です。是非ご参加ください。
米のいろいろを測定してみました
クラシルスタッフ 甲田崇恭

グラフ

【検証1 天日干し】
天日干しにすると稲わらから栄養素が下りてくるからうまい、ということが言われていますが、
セシウムの動きはどうなっているかということについての実験です。
①と②の検体は天日干しした時間だけが違うものです。
①の検体の天日干しは2日間。②の検体は天日干しを13日間したものです。
「もみ」の部分を見ていただきたいのですが、10bq/kg前後増加しています。
⑤と⑥も、⑤は3日間、⑥は17日間天日干ししたものです。
こちらは、天日干ししたからと言って増えていたということもありませんでした。
不検出ですので元々稲わらから玄米に移行するだけのセシウムが含まれていなかったなどという
こともあるのかも知れません。
【検証2 品種での違い】
①~④は同じ田んぼで栽培したものです。
ほほほの穂は早生品種、いせひかりは中晩成品種、もち米は品種名不明です。
【検証3 精米し、研いでみるとどうなるか】
③いせひかり玄米を精米してみました。33.4Bq/kg⇒9.89Bq/kgとなり、約30%の値となりました。
このいせひかり白米を通常どおり三回研ぎました。(とぎ汁はやや乳白色)
元のお米の重量が958g 研いだ後は1046gでした。
研ぎ汁を流し、米粉の分が多少減っている可能性があるので、水分が約88g強 増した状態と思われます。
白米 9.89Bq/kg⇒洗米後 6.06Bq/kg (21600秒測定)
水分が増えた影響も含め、4割近く減り、約60%の値となっています。
つまり、このケースでは玄米を精米し、研ぐことによってセシウム濃度はもとの玄米の約18%の値まで減ったということになります。
▲ちなみに二本松の測定所での測定結果は以下の通りです。
玄米A 34ベクレル/kg → 精米後 18ベクレル/kg → 洗米後 8ベクレル/kg (24%に減少)
玄米B 71ベクレル/kg → 精米後 30ベクレル/kg → 洗米後 22ベクレル/kg(31%に減少)
【検証4 玄米を研いでみるとどうなるか】
表にはないサンプルですが、とある玄米を研いでみた数値です。
Cs134+Cs137=14.8Bq/kg前後 ⇒洗米後 Cs134+Cs137=11.3Bq/kg前後(76%に減少)
【他測定所での実験の紹介 ぬか漬けの実験】
こどもみらい測定所さんの実験です。
詳しい数字などは、こどもみらい測定所さんのブログでご確認ください。
148Bq/kg前後の糠を使用。糠900gに対して、水道水900g、そして塩135g(赤穂の天塩、オーストラリア産)を混ぜて測定。糠床としては63Bq/kg前後となった。
測定に使ったキュウリ。Cs-137が0.99Bq/kg未満、Cs-134が0.92Bq/kg未満
このきゅうりを4日間、前記の糠床に漬けた結果です↓
糠漬けキュウリ 39Bq/kg前後(移行率0.62)
糠床の糠にも気をつける必要がありそうです。
それにしても、セシウムがこうして移行するくらい、糠漬けは栄養素も増加(移行?)させているということなのでしょうね。気をつけつつ、食べていきたいですね。

測定員から  
クラシルの設立から半年が経ちました。
おそらく普通の生活をしているよりは、測定結果に触れる機会が多いと思います。
そんな生活をしていると、出てくる数字に対しての感覚が鈍ってくるようなことがあります。
そんな中この間、自分の畑の作物の測定をしました。不検出だろうとタカをくくっていたのですが・・・ 検出。 そこから随分落ち込んでしまいました。何ヶ月も掛けた作物に・・・。
多少でも数値が出ると、人に譲るのもなんだかはばかられてしまうのです。
今まで、何らかの数字が出てしまった人は、こんな思いをしていたかも知れないと思うと、
ただ測定して丁寧に伝えるというだけではいけないな、と思ったのでした。
気を引き締め、測定に向かおうと思いますので、よろしくお願いします。

編集後記
数値とは、一体何を教えてくれるのだろう?
何もわかりはしない。ただの数字だ。でもクラシルと関わり、生産者のみなさんの声を直に聞くことでただの数字ではなくなった。すべてに物語があるのだ。
放射能の値もとても大切なことだけれど、そのひとつひとつの物語を忘れたくない。
数値をきちんと知ること。そして作ってくれた人の思いを知ること。
その人のことを知ることができたら、数値は二の次になっていく。
こうしてできあがった新しい関係が、新しい暮らしの基礎となり、新しい未来をつくっていくのだと思う。
そうだ!測りにいこう 土と作物測定キャンペーン のお知らせ
そうだ!測りにいこう 土と作物測定キャンペーン

実りの秋を迎えました。
様々な作物が取れるこの時期ですが、
その分、汚染度合いが気になる作物も増えてくる季節です。
この季節にクラシルとしては、土壌から食品へのセシウム移行の
相関関係のあるなしなど情報を集め、みなさんの今後の参考にできれば、と思っています。
移行の程度・状況を知っておくことは、その後、
土壌分析や施肥などで移行を低減させる手がかりになるかも知れません。
是非この機会にご利用ください。

【キャンペーン期間】 2012年10月20日(土)~11月21日(水)

【費用】 土壌と作物 2検体で1800円(会員)2500円(一般)

【適用条件】
・作物とそれが採れた場所の土壌、2検体をお持ちいただくこと
・結果の公開(インターネット上にも開示します。ただし氏名や産地は掲載いたしません)
・土壌の測定時間は900秒です。


高崎市民測定所クラシル
営業日 月・水・金・土 11:00~17:00
TEL&FAX 027-333-4075
臨時休業のお知らせ
明日10月13日の営業は都合によりお休みさせていただきます。

15日(月)からのご利用をお待ちしております。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。